スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月23日 秋分の日 歴代の天皇、皇后、皇族のお霊を祀る日

花時計より
~旗日には日の丸を掲げましょう

9月21日 敬老の日
「敬老の日」は本来は毎年9月15日でした。2001年の「改正祝日法」(通称ハッピーマンデー制度)によって9月の第3月曜日となりました。
お年寄りを敬うというのは儒教の道徳規範です。ですから儒教の本家である中国や、中国の影響の濃かった韓国にありそうな祝日なのですが、なぜか日本にしかないそうです。
「敬老の日」の由来は諸説あります。おそらく昔からお年寄りを敬う習慣は日本人の生活に根付いていたのだと思います。記録には1947年(昭和22年)、兵庫県多可郡野間谷村の門脇政夫村長と山本明助役が「としよりの日」を提唱したことが残っています。農閑期で時間の余裕があり、気候も良い9月15日に村で敬老会をする習慣があり、1950年にはそれが兵庫県全体で行われるようになりました。門脇村長たちが「子供の日や成人の日があるのに、敬老の日がないのはおかしい」と粘り強く声を上げ続けた結果1964年、ついに「敬老の日」ができて、1965年から国民の祝日に加えられました。

9月23日 秋分の日
9月20日前後は24節気の一つ、秋分です。24節気というのは1年を12の節気に分け、その中間に12の中気を設けて、合計24にそれぞれの季節にふさわしい名前をつけたものです。秋分の日は昼の長さと夜の長さが同じになる、と言われますが厳密にいえば少し昼のほうが長いです。
もともとは1878年(明治11年)に定められた「秋季皇霊祭」の日でした。「皇霊祭」とは歴代の天皇、皇后、皇族の霊を祀る儀式のことで、宮中祭祀(さいし)の一つです。「春季皇霊祭」と「秋季皇霊祭」で春と秋に皇族の霊をまとめて祀っていたのです。大東亜戦争後に「秋分の日」と名前は変わりましたが、今でも宮中祭祀が行われています。
秋分の日をはさむ前後7日間が「彼岸(ひがん)」です。「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように、うだるような暑さがようやく終わりを告げ、朝晩の風が涼しく感じられるようになります。「彼岸」とは仏教用語で「煩悩を解脱した悟りの世界」、つまりご先祖様の霊が住む世界のことです。そのご先祖様の霊を供養するためにお寺に行き、墓参りをする人が多いです。秋分の日には太陽が真西に沈みます。極楽浄土は西にあると信じられており、秋分の日に日没を拝むことが盛んになりました。大阪の四天王寺の西門は高台にあるので、今でも秋分の日には参拝客が絶えません。

--------------------
愛国女性のつどい花時計 岡真樹子
hanadokei2010@gmail.com
花時計HP:http://www.hanadokei2010.com/
代表者ブログ「マダムの部屋」:http://blog.livedoor.jp/hanadokei2010/
週刊花時計:http://www.yamatopress.com/column/pg41.html
花時計掲示板:http://www.hanadokei2010.com/member/list.php
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちびちゃん HPもよろしくお願いします http://chibichan931.web.fc2.com/

Author:ちびちゃん HPもよろしくお願いします http://chibichan931.web.fc2.com/

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
ちびちゃんカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。