スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

凛として愛


ちびちゃんのホームページより
凛として愛
太平洋戦争(大東亜戦争)はなぜ起こったか?
どんな背景が原因で起こったか?
日本は侵略戦争をしたのか?

これに対して真実を答えることは、私にはできません。
なぜなら、私たちは戦後教育を受けてきたからです。

東京裁判(極東国際軍事裁判)で、日本は敗戦国として裁かれました。日本は侵略戦争をしたことになりました。

戦後教育はスタートします。
戦後教育はどういう構想の経過をたどったか?

1945年 8月15日:終戦
       9月15日:「新日本建設ノ教育方針」発表。文部省より。
              (しかし、連合国軍総司令部(GHQ)における各指令により、用をなさなくなる)
      10月22日:「日本教育制度ニ対スル管理政策」に関する指令 ~GHQより
      10月30日:「教員及び教育関係者の調査、除外、認可」に関する ~GHQより
      12月15日:「国家の神道、神社神道に対する政府の保証、支援、保全、監督並びに弘布の廃止」に関する指令 ~GHQより
      12月31日:「修身、日本歴史及び地理の停止」に関する指令 ~GHQより
             
教育面の戦後処理=占領政策が行われた。
1946年 3月 5日:第一次米国教育使節団来日~GHQの招請
               同時期、日本教育家の委員会設置~GHQよりの指令
       3月  末:米国教育使節団報告書。(=勧告=命令)
       5月    :「新教育指針」発表~文部省より。

       8月   :教育刷新委員会発足。
              (敗戦の原因は、せんじ詰めれば教育の誤りにあり、第2の維新を遂行するその根本に、教育の刷新がある、という位置づけで発足)
1947年 3月31日:「教育基本法」施行~文部省より。
        5月 3日:「日本国憲法」施行。

「新教育方針」の中身各部・各編の内容も、
「今までの日本人はダメ。これからは、アメリカの考え方を学び、新たな日本人になっていかなければならない」ということが、
「これでもか!」というくらい書き連ねてある。
教育刷新委員会はGHQの実質的支配下におかれ、米国教育使節団報告書の範囲を越えないかぎり、自由に活動することは許されなかったようである。


このように、日本の文化・歴史が否定され、国語を解体したうえで、民主的教育とは、
「個人の価値と尊厳を認めること」にあり、「個人の感性、人間尊重」を基本的な教育理念とする教育体系がスタートします。

1952年、サンフランシスコ平和条約において、連合国軍の日本占領体制は解かれ、日本国民の主権が回復された、と教科書にはありますが、
日本人への思考工作、洗脳によって、「時間とともに日本人は消滅する」という教育カリキュラムの基礎が既に完成していたのです。

つづく・・・

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちびちゃん HPもよろしくお願いします http://chibichan931.web.fc2.com/

Author:ちびちゃん HPもよろしくお願いします http://chibichan931.web.fc2.com/

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
ちびちゃんカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。