スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総理が「自殺対策に尽力」約束

ライフリンクより

1.総理が「自殺対策に尽力」約束 自殺対策議連の緊急要望受け
2.来年1月、震災遺族支援のための写真展・講演会を福島で開催
3.毎日のクリックでライフリンクを支援!「gooddo」のご紹介
4.近日中の講演予定

なお、これまでに配信された【LL News】はこちらで見られます
http://blogs.yahoo.co.jp/lifelink_2010/

◆◆◆
(転送歓迎)

1.総理が「自殺対策に尽力」約束 自殺対策議連の緊急要望受け

ライフリンク代表の清水です。
先週木曜日(11月28日)午後、超党派の議連「自殺対策を推進する議員の会」の尾辻秀久会長と柳澤光美事務局長、他4名の議連幹事が官邸を訪れ、直接安倍総理に「自殺総合対策の推進に不可欠な財源確保に関する緊急要望」を手渡しました。私が議連のオブザーバーでもあることから、当日の様子について伺ったのでご報告します。

会談では、尾辻会長が総理に緊急要望を手渡され、具体的に下記の2点を要望されました。

1)来年度も「地域自殺対策緊急強化基金(今年度と同規模の33億円)」を継続させること: 自殺対策基本法の第9条には、「政府は、この法律の目的を達成するため、必要な法制上又は財政上の措置その他の措置を講じなければならない」とある。
2)再来年度以降は、自殺対策の恒久財源を確保するため当初予算において予算措置を行うこと: 大綱には「6.施策の検証・評価を行いながら、中長期的視点に立って、継続的に進める」とあるが、「基金」を単年度ごとに更新するのだと、これができない。継続的かつ安定的な対策推進のためには、自治体が使える恒久的な財源が不可欠である。

また、その前提として、日本の自殺の実状と自殺対策のこれまでの歩みについて尾辻会長が丁寧にご説明し、総理もそれに熱心に聴き入っておられたそうです。1998年の自殺急増の前年に消費税増税があったことに触れ、決して同じことが繰り返されることのないように、万全の手を尽くすよう強く要望したところ、総理はそれに対し、「自殺は残された家族にとっても悲劇だ。自殺者が一人でも減っていくように力を尽くしたい」と応えられたとのことです。

今回の緊急要望は、「自殺対策全国民間ネットワーク」と「自殺のない社会づくり市区町村会」とが連名で政府に提出した同じ趣旨の緊急要望を後押しする形で提出されることになりました。これまでそうしてきたように、今後とも「現場」と「政治」とがしっかり連携をして、自殺対策の推進に努めていきたいと思います。

ライフリンク代表
清水康之


▼関連報道
・時事通信 「安倍首相、『自殺対策に尽力』」
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013112800964
・産経新聞 「首相『一人でも自殺者減るよう対策に力尽くす』」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131128/plc13112817550014-n1.htm
・朝日新聞 「首相『自殺者減るよう力尽くす』消費増税の影響を意識」
http://digital.asahi.com/articles/TKY201311280434.html?iref=comkiji_redirect
※参考:官邸HPにも当日の様子が写真、動画で掲載されています。
「自殺対策を推進する議員の会」による緊急要望
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/actions/201311/28giinyoubou.html


◇◇◇
2.来年1月、震災遺族支援のための写真展・講演会を福島で開催

2万人以上もの人が犠牲になった東日本大震災から2年9か月が過ぎようとしています。震災の爪痕を残した建物の解体、災害公営住宅の着工・完成…。わずかに伝わってくるニュースは、震災からの復興をイメージさせるものも増えています。しかし、現地では大切な人を亡くした痛みを抱え、将来の見通しも立たないまま、不安を抱えている人も少なくありません。
ライフリンクは福島県南相馬市などとの共催で、震災遺族の痛みと現状を考える講演会を、来年1月11日(土)に開催します。講師は、岩手県出身のフォトジャーナリストで、震災遺族でもある佐藤慧(さとう・けい)さん(31)。最愛のお母様を亡くした悲しみを抱えながら、ジャーナリストとして、復興支援NPOのメンバーとして、現地のさまざまな「傷」と向き合う活動を続けている佐藤さんに、「悲しみと共に生きる~震災で母を亡くして~」と題して講演していただきます。
また、講演会に先立ち、福島市内で写真展も行います。関心のある方はぜひ足をお運びください。

▼写真展
2014年1月6日(月)~10日(金) 10:00~18:00
福島学院大学 福島駅前キャンパス(福島市本町2-10)
*6日(月) 13:00~ 佐藤慧さんのギャラリートークを開催します。

◆講演会(写真も展示します)
2014年1月11日(土) 13:30~15:30(開場13:00)
南相馬市原町保健センター(福島県南相馬市原町区小川町322-1)
※要事前申し込み(当日参加も可) 
問い合わせ・申し込み先:南相馬市健康づくり課
TEL:0244-23-3680/FAX 0244-23-4525/
E-mail:kenkodukuri@city.minamisoma.lg.jp

※下記のフォームにご記入の上、ライフリンク事務局(info@lifelink.or.jp)までお申し込みくださっても構いません。
-----------------------------------------------------------------
ここからメールを切り取り、必要事項をご記入の上、info@lifelink.or.jp に送信してください。
件名は「【申込】講演会・悲しみと共に生きる」として下さい。
-----------------------------------------------------------------
1/11講演会「悲しみと共に生きる」への参加を希望します。

1.お名前(ふりがな) :
2.ご所属(ある方のみ):
3.連絡先電話番号   :
4.その他      :
-----------------------------------------------------------------
(ここまで)


◇◇◇
3.毎日のクリックでライフリンクを支援!~「gooddo」のご紹介~

毎日のボタンのクリックや、応援コメントの書き込みなどで、ライフリンクの活動を支援できるようになりました。これは、「gooddo」という新しい社会貢献のサービスで、このクリックやコメントの累積数などにより、協力企業から支援金が届けられる仕組みになっています。協力の仕方は下記の3通り。みなさんも、ぜひご協力を宜しくお願いします!

■いずれもgooddoのライフリンクページ(http://bit.ly/17tgdOu)から、
∇協力企業への「いいね!」
 この「gooddo」に協力している企業のホームページに、「いいね!」をするだけで、ライフリンクに10円が届けられます。

∇毎日の「応援する!」ボタンのクリック
 毎週月曜日から始まるポイントレースでは、みなさんに「応援する!」ボタンを押してもらうことでポイントがたまっていき、そのスピードと合計ポイント数によって、ライフリンクへ支援金が届けられる仕組みになっています。ボタンは1日1回ずつクリックできます。

∇ライフリンクへの応援コメントの書き込み
みなさんからの応援コメントの書き込みが、1件につき10円の支援金になります。


◇◇◇
4.近日中の講演予定

■荒川区 人権週間事業講演会
清水代表が、「君たちはどう生きるか~人生物語の主人公になるために~」と題して講演します
日時:12月5日(木)14:00~16:00
場所:サンパール荒川 大ホール(東京都荒川区荒川1-1-1)
申し込み:「人権週間事業講演会」と明記の上、氏名、住所、電話番号を記入し、下記宛先に往復はがきかファックス、電話で申し込む。託児や車いす席、手話優先席希望の方は、その旨も併記する。
申し込み・問い合わせ先:荒川区総務企画課人権推進係(〒116-8501 東京都荒川区荒川2-2-3/TEL:03-3802-3111、内線2271/FAX:03-3802-0456)
http://www.city.arakawa.tokyo.jp/event/kosodate/25jinkenkouenkai.html

■子育て支援連続講座
清水代表が、「若者の自殺はなぜ増え続けるのか」と題して講演します
日時:12月6日(金)19:00~21:00
場所:赤磐市立中央公民館視聴覚室(岡山県赤磐市下市337)
無料
定員:80人(先着順)
申し込み:氏名、住所、電話番号を明示の上、下記宛先まで申し込む。託児希望がある場合は、子どもの年齢など必要な託児内容を明記。
申し込み・問い合わせ先:赤磐子どもNPOセンター(TEL・FAX:086-956-3700)
http://www14.ocn.ne.jp/~akaiwa/index.html

■自死予防フォーラム2013「誰も自殺に追い込まれることのない社会へ」
清水代表が講演します
日時:12月7日(土)13:30~15:40
場所:広島国際会議場地下1階 中会議室(広島市中区中島町1-5)
参加無料、直接会場へ
問い合わせ先:いのちに寄り添う会事務局(TEL:090-5690-2727)

■自殺対策講演会「誰もが生き心地の良い社会をめざして~私たちにできること~」
根岸副代表が講演します
日時:12月7日(土)13:00~15:00
場所:武蔵村山市民総合センター 3階集会室(東京都武蔵村山市学園4-5-1)
対象:武蔵村山市民の方
参加無料、直接会場へ
問い合わせ先:武蔵村山市保健相談センターお伊勢の森分室(TEL:042-564-5421)
http://www.city.musashimurayama.lg.jp/kenkou/008031.html

■生き心地のよい社会を目指して―ゲートキーパー養成研修―
根岸副代表が講演します
日時:12月14日(土)13:45~16:00
場所:浪切ホール(大阪府岸和田市港緑町1-1)
定員:240人(先着順)
申し込み:住所、氏名、電話番号、年齢を添えて、下記宛先まで申し込む。
申し込み・問い合わせ先:岸和田市保健センター(TEL:072-423-8811 FAX:072-423-8833)
http://www.city.kishiwada.osaka.jp/site/kouhou/201311p11.html

■こころの健康づくり講演会 in そお
清水代表が、「自殺を防ぐため いま私たちにできること」と題して講演します
日時:12月15日(日)9:30~11:30
場所:志布志市文化会館(鹿児島県志布志市志布志町志布志2238-1)
参加無料、直接会場へ
問い合わせ先:志布志保健所(TEL:099-472-1021)
http://www.pref.kagoshima.jp/ao06/chiiki/osumi/kenko/documents/35257_20131106105535-1.pdf

■江戸川区いのち見守り隊養成講座(ゲートキーパー養成講座)
根岸副代表が講演します
日時:12月17日(火)14:00~16:00
場所:グリーンパレス4階402会議室(東京都江戸川区松島1-38-1)
対象:江戸川区内在住または在勤の方
定員:50人
申し込み:下記へ電話で申し込む。12月2日(月)9:00より受付開始
申し込み・問い合わせ先:江戸川保健所保健予防課精神保健係(TEL:03-5661-2465)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/kurashi/kenko/jisatsutaisaku/gatekeeper/
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちびちゃん HPもよろしくお願いします http://chibichan931.web.fc2.com/

Author:ちびちゃん HPもよろしくお願いします http://chibichan931.web.fc2.com/

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
ちびちゃんカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。