スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たくさん知る必要はない  一遍上人語録

一遍上人語録 -捨て果てて-
坂村真民さん著
 より

わたしはその人がどんな人であったとか、何を造る何を残した人であったとか、そういうことにはあまり関心はない。今生きていたら、何をし、何を作り、何を残したのであろうか。そういうことが一番の関心事である。

もし今の世に釈尊が生きていられたら、一遍上人が生きていられたら、何をし何を作り何を残されたであろうか、ということをいつも考え、絶えず思ったりしている。そうすると生き生きした姿で現前して下さるのである。

語録もまたそうである。けっして過去のものではなく、今の世のわれわれに何を求め、何を訴えているか、そしてそれを知ることによって救いともなり、励ましともなり、力ともなり、支えや光を与えてくれるものでなくてはならぬ。

一遍上人が、興願僧都(そうず)に示されたこの返書は現代のわれわれに与えられたものとして受け取り、実践してゆかなくてはならない。
ここでその全文をあげよう。



興願僧都、念仏の安心を尋申されけるに、書てしめしたまふ御返事

それ、念仏の行者用心のこと、しめすべきよし承り候。南無阿弥陀仏とまうす外、さらに用心もなく、この外に又示すべき安心もなし。

諸(もろもろ)の智者達の様々に立ちおかるる法要どもの侍るも、皆諸惑に対したる仮初(かりそめ)の要文(ようもん)なり。されば、念仏の行者は、かやうの事をも打ち捨てて念仏すべし。

むかし、空也上人へ、ある人、念仏はいかが申すべきやと問ひければ、「捨ててこそ」とばかりにて、なにとも仰せられずと、西行法師の撰集抄に載せられたり。これ誠に金言なり。

念仏の行者は智恵をも愚痴をも捨て、善悪の境界をもすて、貴賤高下の道理をもすて、地獄をおそるる心をもすて、極楽を願ふ心をもすて、又諸宗の悟りをもすて、一切の事をすてて申す念仏こそ、弥陀超世の本願に尤もかなひ候へ。

かやうに打ちあげ打ちあげとなふれば、仏もなく我もなく、ましてこの内に兎角の道理もなし。善悪の境界、皆浄土なり。外に求むべからず、厭ふべからず。

よろづ生きとしいけるもの、山河草木、ふく風たつ浪の音までも、念仏ならずといふことなし。人ばかり超世の願に預るにあらず。

またかくのごとく愚老が申す事心得にくく候はば、心得にくきにまかせて愚老が申す事をも打ち捨て、何ともかともあてがひはからずして、本願に任せて念仏したまふべし。

念仏は安心して申すも、安心せずして申すも、他力超世の本願にたがふ事なし。弥陀の本願に欠けたる事もなく、あまれることもなし。この外にさのみ何事をか用心して申すべき。ただ愚かなる者の心に立ちかへりて念仏したまふべし。
 
 南無阿弥陀仏                                        一遍 

 興願僧都



念仏の行者で一番心に留めておくべきことは、南無阿弥陀仏ととなえるほかに何もないのである。昔から今日まで立派な人たちが定められた仏法の要義も、しょせんはかそめのもので、真の念仏の行者は、そんなものは皆捨ててしまえばいいのである。わたしの先達である空也上人も、ただひとこと、捨てることだ、と言われたとある。これはまったく黄金のような言葉である。念仏の行者は、智恵も愚痴も、善悪の境地も、貴賤高下の道理も、地獄を恐れたり、極楽を願うたりする心も、悟りも、すべて捨てて申す念仏というものが、阿弥陀仏の本願に一番かなうものである。此の心を心として声高らかに称名すれば、この世が浄土である。宇宙すべてのものは仏と一体となり、念仏をとなえているのである。もしわたしの言うことに納得いかないなら、それもそのままにして念仏を申しなさい。肝心なことは、愚かな者の心になって念仏を申すことである。


まったく大河の流れるような名文である、いや手紙である。擾乱(じょうらん)の鎌倉時代に生きた人間の凛々(りんりん)とした気迫気概が、一語一句の中ににじみ込み、一遍上人独自のリズムとなっている。
いつもわたしは誦するたびに思う。一遍上人を知るには、もうこれだけでよい。これが本当にわかり、日々の生活の上に実践できたら、もうこれ以外には要らないではなかろうかと。そうなにもたくさん知る必要はなく、いや知れば知るほど、かえって迷う。信仰というものは一切を捨て一切を忘れ、幼な子の心に還ってゆかねばならぬ。そうでない限り、本当の安心は得られないものだ。
真理はひとつ。
信仰もひとつ。
弥陀という言葉がしっくりしないならば、造物主といっても、大宇宙といってもよかろう。この思議(しぎ)することのできない神秘なるものへの、敬虔な心を もって感謝し生きてゆく、それがわかるだけでも、どんなにか、この世が美しくなるであろう。
わからない所が少々あっても、声に出して朗々と誦しているうちに、すべてを任せて生きてゆく不思議な力と救いとが生まれてくるであろう。そうすると地獄も極楽になり、困苦も恩寵(おんちょう)となるであろう。

中略

ただ愚かなる者の心に立ちかへりて念仏したまふべし。

この結びの言葉が、わたしにはしみいるようにひびいてくる。聖書にも、幼な子のような心になれ、幼な子のように自分を低くする者になれ、と言ってある。東洋の宗教も、西洋の宗教も、みな同じである。一遍上人も自分を愚老と言っておられる。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちびちゃん HPもよろしくお願いします http://chibichan931.web.fc2.com/

Author:ちびちゃん HPもよろしくお願いします http://chibichan931.web.fc2.com/

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
ちびちゃんカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。