スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心は放つことを要する   不動智神妙録


放心を求めよ

不動智神妙録   沢庵



「放心を求めよ」とは、孟子の言葉です。放たれた心を尋ね求めて、我が身へ取り戻せという意味です。たとえば犬や猫、鶏などが逃げて行ったら探し歩いて連れ戻すように、身の主人であるはずの心が、よからぬ道へはしるのを、どうして追いかけてとりかえさないのか、というのです。まさに当然の道理です。ところがまた卲康節というひとは、「心は放つことを要する」といっています。まるで違っています。かようにいっている意味は、心をとらえきりにしておいては疲れるわけであり、先の猫のように、自由な働きができぬゆえ、物に心が止まらず染まぬように、使いこなしたうえで、自由に働けるように、どこへなりと放っておけ、という意味です。
物事に心が染まり止まるのだから、染まらせるな止まらせるな、我が身へとりもどせというのは、初心の稽古の段階である、蓮が泥に染まらぬようにせよ。泥にあっても平気である、よく磨いた水晶の玉は、泥のうちにあっても泥に染まらない、心もそのようにして、行きたいところへ行かせるがよい。心を引きつめては不自由である。心を引きしめておくのも、初心の時のこと、生涯さような有様では、上の段階にはゆけず、下段で終わることになる。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちびちゃん HPもよろしくお願いします http://chibichan931.web.fc2.com/

Author:ちびちゃん HPもよろしくお願いします http://chibichan931.web.fc2.com/

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
ちびちゃんカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。