スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千手観音に千本手があること  不動智神妙録より



諸仏不動智

不動智神妙録   沢庵



     前略

たとえば、十人が一太刀ずつ切り込んできても、との一太刀一太刀を受け流して、跡に心を止めず、次々と跡を捨て跡を拾う*1ならば、十人すべてに働きを書かぬことになります。十人に十度心が働いても、どの一人にも心を止めなければ、次々に応じても、働きは欠けますまい。もし、一人の前に心が止まるならば、その一人の太刀は受け流すことができても、二人目の時は、こちらの働きが抜けるのです。

千手観音に千本手があることを考えますと、弓を取るその手にとらわれるならば、他の九百九十九の手は用にたちますまい。一つの所に心を止めないからこそ、千本の手が用にたつのです。いかに観音菩薩とはいえ、身一つにどうして千本の手を持っておられるのか。それは、不動智さえひらけたならば、手が千本あってもみな用にたつことを人々に示そうとして作られた姿です。

たとえば、千本の木に向かって、そのうちの赤い葉一つだけを見ておれば、残りの葉は目に入らぬものです。一つの葉に目を取られず、一本の木に無心に向かうなら、数多くの葉も残らず目に見えるものです。

一枚の葉に心をとられると、残りの葉は見えず、一つに心を止めなければ、百千の葉がみな見えるのです。
このことを得心した人は、すなわち千手千眼の観音にほかなりません。

それなのに、何も知らぬ凡夫は、ただ単純に、身一つに千の手、千の眼がおありだからありがたいと信じます。また生半可な物知りは、身一つに千の眼がどうしてあるのか、嘘だといって非難攻撃します。今少しわけを知るならば、ただありがたいと信ずるのでなく、攻撃するのでもなく、道理の上で尊信し、仏法が一物をもって根本の理をあらわすことを納得します。およそ諸道ともにこのようであり、特に神道ではそうだとみております。外観だけを信じる凡人も問題ですが、むやみに攻撃するのはなおよろしくありませぬ。千眼には道理があるのです。此の道、彼の道と、道はさまざまですが、結局、落ち着く所は同じです。

           中略

理の修行、事の修行ということがあります。理とは右に申したように、究めつくしたら、何にもとらわれず、無心になる道です。それの次第は、右に書いたとおりです。しかしさらに事の修行もしなくては、道理ばかりが胸の中にあって、身も手も自由に働きません。事の修行というのは、あなたの兵法でいえば、身構えの五つを、絶対の一に帰するものとして、さまざまに習うことです。道理を知っても、それが実際の上に自由に働かなくてはなりません。身のこなしや太刀の扱いがよくても、理の極まる所に暗くてはなりませぬ。理の修行、事の修行の二つは、車の両輪のようでなくてはなりません。

*1一つ一つを受け流す

不動智神妙録(ふどうちしんみょうろく)は、江戸時代初期の禅僧・沢庵宗彭(そうほう)が徳川将軍家兵法指南役・柳生宗矩に請われて執筆した「剣法(兵法)と禅法の一致(剣禅一致)」についての書物


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちびちゃん HPもよろしくお願いします http://chibichan931.web.fc2.com/

Author:ちびちゃん HPもよろしくお願いします http://chibichan931.web.fc2.com/

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
ちびちゃんカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。