スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抱朴子


抱朴子 外篇 より

必ずしも権力を得て初めて偉くなり、高禄を待って初めて腹がふくれるというわけではない。

それに貧に安んずる者は財産がないことを富と考え、低い身分に甘んずる者は仕えないことを名誉と見なすものである。
中略

大体、朝廷に入って出ようとしない者、これを「籠に耽って退くを忘る」といいます。官界を去って帰らない者、これを「無義に仕えず」と申します。だから達人は身を自分の持物とは思わず、行き遇う運にまかせ、出処進退すべてこうでなければならぬという風には考えません。止まるべき時には止まり、進むべき時には進みます。

中略

いわゆる志人(志ある人)とは必ずしも禄位や功績を要しない。一番よいのは我をなくすこと。その次は名誉を忘れること。(『荘子』逍遙遊)。翼を揮って俗界を離れ、足を飛ばして常道を超え、常人のできないことをし、凡人の忘れられぬものを忘れる。その器量の大きさは俗人には量られず、その括淡さは名誉や地位に汚されることはない。その純粋な気風は百代の穢れを洗うに足り、その高潔な節操は将来の濁りを払いのけるに足る。何も朱や紫の印綬をつけ、朝服を着、馬車に乗り、犠牲の牛の刺繍の布を着、(犠牲の牛が立派な着物を着せられても最後には殺されると同様、高位にある人は驕っていてもいつか殺される)、詹何(せんか)の香しい餌を呑み(詹何は漁師の名。名誉欲につられて身を滅ぼすたとえ)、朝(あした)には天をもこがす熱に胸をやかれ、夕(ゆうべ)には氷や消えた灰のように胸を冷やすような思いをする(官にあっての気苦労をいう。『荘子』人間世)ことはあるまい。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちびちゃん HPもよろしくお願いします http://chibichan931.web.fc2.com/

Author:ちびちゃん HPもよろしくお願いします http://chibichan931.web.fc2.com/

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
ちびちゃんカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。