スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

念ずれば花ひらく  「こころの時代」で放映

昭和六十三年五月一日に、NHK教育テレビの  「こころの時代」で放映されたものである

 http://h-kishi.sakura.ne.jp/kokoro-117.htm      

     念ずれば花ひらく

 
                                詩  人 坂 村  眞 民(さかむら しんみん)

明治四二年熊本県に生まれる。八歳の時に、父親の急逝によりどん底の生活に落ちる。五人兄弟の長男として母親を助け、幾多の困難と立ち向かう。昭和六年神宮皇学館を卒業。二五歳の時、朝鮮にて教職につき、三六歳全州師範学校勤務中に終戦を迎える。二○歳のとき岡野直七郎の門に入り、短歌に精進する。昭和二一年から愛媛県で高校の国語教師を勤め、六五歳で退職、以後詩作に専念する。始めは短歌を志し、昭和一二年『与謝野寛評伝』を著している。四国に移住後、一遍上人の信仰に随順して仏教精神を基調とした詩の創作に転じる。四一歳のとき詩に転じ、個人詩誌『ペルソナ』を創刊。六二年より『詩国』を発行し、以後毎月、一回も休むことなく発刊し千二百部を無償で配布している。また詩の愛好者によって建てられる真民詩碑は日本全国四七都道府県に分布し、その数は現在,海外の二○基と合わせると約六三六基となる。

 

ナレーター:  「念ずれば花ひらく」と刻まれたこの碑は、愛媛県砥部町で密柑山を経営している方がご自身でお庭に立てたものです。同じ町に住む詩人坂村眞民さんの詩によるもので、その詩に感銘を受けたからでした。

 

     「念ずれば 花ひらく」

 

     念ずれば

     花ひらく

     苦しいとき

     母がいつも口にしていた

     このことばを

     わたしもいつのころからか

     となえるようになった

     そうしてそのたび

     わたしの花がふしぎと

     ひとつひとつ

     ひらいていった

 

「念ずれば花ひらく」の碑はこれまで日本の各地に立てられました。ハワイにもあります。みんな坂村さんの願いに共鳴して建てられたのです。ちょうど百番目の碑が間もなくできあがります。
つづきよむ・・・・

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちびちゃん HPもよろしくお願いします http://chibichan931.web.fc2.com/

Author:ちびちゃん HPもよろしくお願いします http://chibichan931.web.fc2.com/

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
ちびちゃんカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。