スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疎開船 対馬丸事件

疎開船 対馬丸 

時は第二次世界大戦の最中
昭和19年(1944)8月21日、18時35分、那覇港から鹿児島に向けて疎開児童767名引率訓導・引率世話人28名を含む一般の疎開者他1661名を乗せ対馬丸(6,754t)が出航しました。
しかし 翌22日22時15分奄美大島沖合いで米潜水艦の魚雷攻撃を受け約10分後に海底に沈んでしまったのです。

1484名の命が失われました。
救助されたのはたった177名(学童は59名)でした。
images[6]


昭和19年7月7日、サイパン玉砕の日の深夜、県知事あてに緊急指令の電報が届いた。
沖縄から老幼婦女子を計10万人本土と台湾に引き揚げさせよ という趣旨のものであった。昭和18年
5月以来既に嘉義丸・湖南丸・台中丸・富山丸などが那覇→鹿児島間の海上で米潜水艦の攻撃を受け
て沈没していることは公然の秘密であり、危険は予想されたが刻々と迫る戦況の悪化は一刻の猶予もな
く、米軍の沖縄上陸は時間の問題であった。
疎開の輸送は軍艦で という親達の願いも聞き入れられず、その夜の那覇港には貨物船3隻が子ども達
を待っていた。和浦丸・暁空丸・対馬丸の3隻で、対馬丸はその中でも最も大きい船であり駆逐艦と砲艦
に守られての出航であった。
因みに沖縄からの疎開船は昭和19年7月から翌20年3月まで178隻 人員にして約7万人が疎開したが、
犠牲になったのは 対馬丸のみで、戦時中は勿論 軍側の絶対秘密として公表されることはなく、この悲痛
なできごとを関係者以外の人々が知るようになったのは昭和37~8年になってからである。

動画
琉智 『ワダツミ~対馬丸に寄せて~』


対馬丸 -さようなら沖縄- 1 -
コメントを消すには
画面右下の吹き出しマーク「…」とクリックすると「×」になり、コメントが消えます。 


対馬丸記念館ホームページ

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちびちゃん HPもよろしくお願いします http://chibichan931.web.fc2.com/

Author:ちびちゃん HPもよろしくお願いします http://chibichan931.web.fc2.com/

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
ちびちゃんカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。