スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼神を哭しむる・・・ 栗林忠道陸軍中将(硫黄島守備隊最高司令官)の訣別電報

栗林忠道陸軍中将(硫黄島守備隊最高司令官)の訣別電報
(1945.3.17)
--------------------------------------------------------------------------------

 戦局最後の関頭に直面せり。敵来攻以来麾下(きか)将兵の敢闘は真に鬼神を哭(なか)しむるものあり。特に想像を越えたる物量的優勢をもってする陸海空よりの攻撃に対し、苑然(えんぜん)徒手空拳を以って克(よ)く健闘を続けたるは小職自ら聊(いささ)か悦びとする所なり。然れども飽くなき敵の猛攻に相次で斃(たお)れ為に御期待に反し此の要地を敵手に委ぬる外なきに至りしは小職の誠に恐懼(きょうく)に堪えざる所にして、幾重にもお詫び申し上ぐ。今や弾丸尽き水涸れ全員反撃し最後の敢闘を行はんとするに方(あた)り、熟々(つらつら)皇恩を思ひ、粉骨砕身も亦悔いず。特に本島を奪還せざる限り皇土永遠に安からざるに思ひ至り、縦ひ魂魄(こんぱく)となるも誓って皇軍の捲土重来の魁(さきがけ)たらんことを期す。茲(ここ)に最後の関頭に立ち、重ねて衷情(ちゅうじょう)を披瀝すると共に、只管(ひたすら)皇国の必勝と安泰とを祈念しつつ永へ(とこしえ)に御別れ申し上ぐ。尚、父島、母島に就ては同地麾下将兵如何なる敵の攻撃をも断固破摧し得るを確信するも何卒宜しく御願い申し上ぐ。



大本営から見捨てられた硫黄島
硫黄島は、はじめから絶望的な戦場だった。

見捨てられた土地で、援助もなく、水も枯れ、食料もなく、それでも強靭な地下壕を掘り続ける。
見捨てられた戦場で、確実に死ぬことが分かっている、
そんな胸中で、生きて戦わなければならない現実


米軍は、5日で硫黄島は落とせる、と考えていた。
ところが実際は36日間もの戦闘が続いた

米軍のなかでも命知らずの荒くれ揃いの海兵隊の兵士たちをして
「史上最悪の戦闘」
「地獄の中の地獄」と震え上がらせた凄惨な戦場、硫黄島。

栗林中将が命じたものは、バンザイ突撃(=天皇陛下万歳、と叫んで、敵陣に切り込んで行き、玉砕する)ではなく、最後の最期の一兵卒となっても、戦い、敵を悩ますこと、

何のために


それは、ひとえに、本土を守るため、米軍による攻撃から守るために、
「本土の楯とならん」


最終的に、硫黄島全体を厚さ1mもの鉄板で覆い尽くすほどの爆弾が落とされた。

日本兵たちは、昼間は地下壕に潜み、空襲されては夜間に出てきて修復する
しかし、米軍は、地下壕に海水とガソリンを流し込み、火炎放射器で地下壕ごと兵士たちを焼いた。
爆破によって地下壕の入口を塞がれ、閉じ込められて、餓死、窒息死した兵士も多数。


苑然(えんぜん)徒手空拳を以って
苑然(えんぜん)とは、「まるっきり」
武器もなく、補給も途絶えた戦場で、戦わなければならなかった兵士たちの苦しみと悔しさ

16歳というまだ子どもらしさの残る若者から、妻子を残して出征してきた者たち、
とりわけ硫黄島は、職業軍人というより、一般の民間人、商店主、サラリーマン、教師、学生たちが多かった。

「鬼神を哭しむる」

死者の魂や、天地の神々をも慟哭せずにはおかないような
すさまじくも哀切な戦いぶりを見せたこと、
それを栗林中将は最後に示したかった。

硫黄島では、実に95%の20,129名もの日本兵が戦死した。

戦後、米軍は、遺体処理をしないまま、遺体の上にアスファルトを敷き、滑走路を作ってしまった。

そんな中でも、これまで遺骨収集は続けられている

地下壕で、発見される遺骨
布一枚に包まれている白骨
その胸ポケットの中には、家族の写真が入っていた 。



推薦著書
「散るぞ悲しき」 梯(かけはし)久美子 新潮社

推薦ブログ
祖父 栗林忠道大将のこと/硫黄島慰霊追悼/遺骨収集
http://www.shindo.gr.jp/related/kuribayashi
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちびちゃん HPもよろしくお願いします http://chibichan931.web.fc2.com/

Author:ちびちゃん HPもよろしくお願いします http://chibichan931.web.fc2.com/

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
ちびちゃんカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。