スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争、暴力、貪欲、情欲、利己主義がはびこるのは・・・

太平洋戦争終結から67年

――人類はいつかは戦争のない平和な暮らしができるようになるのでしょうか

シルバーバーチより

これは難しい問題です。
まず理解していただかねばならないのは、人間には自由意思というものがあるということです。自由意思のない操り人形ではないのです。
自由意思による選択の余地を与えられることによって、人間も永遠の創造的進化の過程に生きられるのです。
人間は地上を天国にすることもできれば、暗く荒涼とした、恐ろしい悪の園にすることもできます。そこに選択の余地が残されているのです。

戦争、暴力、貪欲、情欲、利己主義がはびこるのは物質中心の考え方をするからです。

そういう考え方をするのは、これほど多くの宗教が存在しながら大半の人間が肉体は死ねばすべておしまいと思っているからです。

死後にも実感をともなった生活――地上生活の賞罰が清算される世界が存在するという事実が信じられず、
地上生活が唯一の生活の場であると考えます。
すると当然、物質がすべてなら今のうちに思い切り欲望を満足させておこう、ということになります。

(現に太平洋戦争の原因は、某大国の自国の経済発展のもくろみが動機となっていることは、今や広く知られております。
このあまりに低レベルな俗的な卑しい動機が、人を殺し国を滅ぼし隷属させて、果ては大量虐殺(例:アウシュヴィッツ、広島・長崎の原爆等:)
にまで及んでしまうのですからまことに恐ろしいことです:ちびちゃん)


人間は霊的天命を背負った霊的実在です。

その天命を全うするも損なうも、日常生活における身の処し方一つにかかっております。

因果律、すなわちタネまきと刈り取りの摂理は絶対に狂いません。

よい行いをすればそれだけ幸せを味わいます。利己的な行いをすれば、それだけ苦い思いをさせられます。

摂理はごまかせません。死の床でいくら懺悔の言葉を述べても、すでに始動している因果律の働きを止められるものではありません。
こうした真理を理解する人が増すにつれて戦争が減り、平和な地域が広がっていきます。

これは一朝一夕にできることではありません。

私には以上のようなお答しかできません。
自分の役目を果たすのです。自分なりの最善を尽くすのです。縁あって近づく人の力になってあげることです。
親切に、寛容に、そして慈しみの心をもって接するのです。機会さえあれば、どこででも人のために役立つことを心がけることです。

それが世の中に貢献するゆえんとなります。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちびちゃん HPもよろしくお願いします http://chibichan931.web.fc2.com/

Author:ちびちゃん HPもよろしくお願いします http://chibichan931.web.fc2.com/

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
ちびちゃんカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。