スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「GKB47」関連報道

こんにちは、ライフリンク事務局の根岸です。

昨日(2/5)のメールニュースでご案内したとおり、今日の参議院予算委員会で、超党派の国会議員でつくる「自殺対策を推進する議員有志の会」メンバーでもある、松浦大悟議員(民主党・秋田)が自殺対策関連の質問をされました。

政府が今年の自殺対策強化月間のキャッチフレーズとして決めたと発表された「GKB47」について、松浦議員は対策に取り組んできた民間団体や自死遺族からの強い抗議の声(下記「抗議声明」を参照ください)を紹介しながら、政府に対して「GKB47」というキャッチフレーズの撤回を強く求めました。

○政府が自殺対策強化月間に企てている「GKB47」に対する抗議声明
 http://www.lifelink.or.jp/hp/Library/kougi_120206.pdf
※自殺対策に取り組む全国72の民間団体と山本ゆきさん(山本孝史のいのちのバトン主宰)の連名によるもの。「GKB47」の問題点、代案、賛同団体一覧をまとめてあります。

その勇気ある真摯な姿勢と鬼気迫る質問に、石井一予算委員長から「松浦委員の主張は胸に迫るものがあり、政府には再度この名前について検討することを僭越ながら委員長として要請する」という異例の発言もありました。
野田総理も「私も見た時には違和感を感じた」と率直に述べ、「どういう形で対応ができるのか研究させていただきたい」と答弁しました。

与党議員という立場にあり、おそらく党内からのプレッシャーもあった中で、当事者の方々や現場に思いを馳せながら、政府に撤回を迫った松浦議員の姿に、私たちも大いに励まされました。
私たちも現場で取り組んでいる他の民間団体の方たちとともに、引き続き、政府に対して「GKB47」というキャッチフレーズの撤回を求めていきます。

今晩のNHK「ニュースウォッチ9」でも「GKB47」のことが取り上げられる予定とのことです。清水代表も「なぜGKB47がダメなのか」の電話インタビューを受けています。
◆NHK「ニュースウォッチ9」NHK総合 21:00~22:00
http://www.nhk.or.jp/nw9/
○その他のメディア報道▼NHKニュース:首相 「GKB47」見直しも
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120206/t10015818201000.html

▼毎日新聞「GKB47:自殺対策キャッチフレーズ見直しに言及」
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20120207k0000m040024000c.html
▼時事通信:標語変更、政府に促す=「GKB47は不適切」に共感―石井委員長
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&rel=j7&k=2012020600721

また、今日の参議院予算委員会の質問の様子はインターネットでも見ることができます。
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php
左側の「会議名からの検索」で「予算委員会」を選択し、
「2012年2月6日」のところから見ることができます。
直接、松浦議員の質問映像へ飛ぶには↓こちら↓
http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?ssp=7349&mode=LIBRARY&pars=0.6732839913239836
ご覧になれなかった方は、ぜひご覧になってみてください。

また、清水代表がツイッターでこの「GKB47」撤回に関して積極的に発信していますので、ぜひそちらの方もご覧になってみてください。
○清水代表のツイッター http://twitter.com/yasushimizu
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちびちゃん HPもよろしくお願いします http://chibichan931.web.fc2.com/

Author:ちびちゃん HPもよろしくお願いします http://chibichan931.web.fc2.com/

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
ちびちゃんカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。