スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/10から「自殺予防週間」が始まります

ライフリンク・メールニュース

1.自殺対策全国民間ネットワーク「緊急集会」(9/4@盛岡)

9/4(日)に、岩手・盛岡市にて「震災自殺を防ぐため いま私たちに何ができるか」をテーマにした緊急会合を開きました。9/10から「自殺予防週間」が始まるのに先駆けて、ライフリンクが2005年から毎年、WHO(世界保健機関)の後援を受けて催している「WHO世界自殺予防デー(9/10)」関連イベント第7弾として開催したものです。
当日は、「自殺対策全国民間ネットワーク」に加盟する36団体が、北海道や九州など全国各地から集結。朝から夕方まで7時間以上に渡って、以下の3テーマについて具体策を議論しました。
(1)震災自殺を防ぐため いま「民間ネット」に何ができるか
(2)社会的包摂ワンストップ相談事業について
(3)自殺総合対策大綱の改定について


(1)震災自殺を防ぐため いま「民間ネット」に何ができるか。
最初に清水代表が東日本大震災に関連した自殺および自殺リスクの高まりについて、資料をもとに説明。その後、実際に被災者への支援を行っている団体から取組みと課題について報告がなされました。
▼NPO法人いわて生活者サポートセンター 岩手県野田村における官・民・大学が一体となった支援
▼NPO法人蜘蛛の糸(秋田) 岩手県釜石市での経営者向け相談/秋田県に避難された方への支援
▼ライフリンクら民間10団体 東日本大震災遺族支援(死別・離別の悲しみ相談ダイヤル、ほか)

これらの報告を受けて様々な具体策が検討され、今後実践に移していくことが決まりました。
「自殺対策と被災者支援は、“生きることが困難な人たちへの支援”という意味で本質は同じであり、取り組みのポイントも重なる部分が多い。自殺対策に取り組んできた私たちのこれまでの経験やノウハウを活かしていこう」という清水代表の言葉が印象的でした。

(2)社会的包摂ワンストップ相談事業について
前号のメールニュースでもご紹介した、政府の「社会的包摂政策に関する緊急政策提言」について、あらためて資料を読み込みながら内容を確認。その上で、自殺対策に取り組む民間団体としても、こうした動きに連動する形で積極的に取り組みを押し広げていこうと、かなり具体的な項目にまで突っ込んだ議論が展開されました。
※社会的包摂政策に関する緊急政策提言
 http://www.kantei.go.jp/jp/singi/housetusyakai/kettei/20110810teigen.pdf

(3)「自殺総合対策大綱」の改定について
策定から5年、来春を目途に改定が検討されている「自殺総合対策大綱」について、現場で自殺対策に取り組む民間団体の視点から、実態を踏まえてどのような改定が必要なのかを議論しました。具体的には、「子どもへの自殺予防教育について、もっと幅広く、学齢期だけではない早くからの枠組みが必要ではないか」「遺族の心情に配慮した表現を検討すべきではないか」「当事者本位という基本姿勢を、大綱の前書きとして加筆すべきでないか」等、様々な意見が出されました。大綱の改定については、ライフリンクが事務局となり、今後も継続して議論していくことになりました。


今回の緊急会合は、9/3(土)に盛岡市で開かれた「北東北自殺予防民間団体等交流会」と連動する形で開催され、夜には合同の懇親会も催されました。自殺対策に取り組む全国の民間団体が一堂に会し、顔を合わせて、膝詰めで本音を語り合う貴重な機会になりました。今後はもう少し頻繁に、会合を持つようにしたいと考えています。


2.最近のライフリンク関連の「新聞・雑誌掲載記事」

(1)「自殺対策と報道」についての清水代表寄稿文
自殺対策基本法には、自殺は社会問題であり社会をあげて対策に取り組む必要があると謳われています。特に啓発面で重要な役割を担うことが期待されているのが報道機関です。
9月10日に「自殺予防週間」が始まるのに合わせて、清水代表が「自殺対策と報道」について、2つの媒体に寄稿しました。ぜひご一読を。
▼9/6 新’s(あらたにす)※朝日・日経・読売よみくらべサイト
「自殺対策報道 新聞社説に期待する」http://allatanys.jp/B001/UGC020008520110904COK00899.html
▼9/6 東京新聞夕刊
「報道が凶器と化す危険 10日から自殺予防週間」http://www.lifelink.or.jp/hp/Library/110906_tokyo.pdf
(※担当の方から了解を得て、記事をアップロードしています)

過去の関連記事
http://www.asahi.com/national/update/0728/TKY201107280154.html
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110816/bdy11081607490000-n1.htm
http://www.lifelink.or.jp/hp/Library/110712_tokyosports.pdf
http://www.lifelink.or.jp/hp/Library/shinbun-kenkyu2.pdf


(2)清水代表の長編インタ(電子雑誌『AFTERMOD E-PRESS』)
アジア、アフリカ、東日本大震災の被災地など、常に現場からの視点で思いを込めて写真、記事を綴っているフォトジャーナリストの方たちによる電子雑誌『AFTERMOD E-PRESS』。その最新号と前号(40、39号)に清水代表の長編インタビューの特集記事が掲載されています。

『寄り添うために‐報道を通して何ができるのか‐』
【前編】http://www.aftermode.com/press/0039.html
【後編】http://www.aftermode.com/press/index.html


(3)尾辻参院副議長の山本孝史さんへのメッセージ(文藝春秋SPECIAL)

自殺対策基本法の生みの親でもある山本孝史さんのことについて、尾辻秀久参議院副議長が寄稿されています。タイトルは「山本孝史君から渡されたバトン」。胸に迫る名文です。現在、書店に並んでいる最新号ですので、ぜひ手にとってみてください。
▼『文芸春秋SPECIAL』2011年季刊秋号 「がんを生きる」
 http://www.bunshun.co.jp/mag/special/index.htm


3.9/8 「賃貸住宅での自死についての損賠訴訟」傍聴の呼びかけ
全国自死遺族弁護団にも参加している和泉貴士弁護士からの呼びかけです。
--------------------
アパートを借りる際、大家さんから「実はここで自殺があったんですよ」と言われたら、貴方は契約しますか?実は今、大家から自殺者の遺族に対してアパートの借り手がつかなくなったことを理由に、数百万円程度の損害賠償がなされるケースが頻発しています。遺族にとってみれば、肉親を失ったショックで生きるだけで精一杯なのに、気持ち悪いと言われ、高額の損害賠償まで負担しなければならない。納得できない両親は払いに応じず、裁判になりました。9月8日10時、東京高裁825号法廷にて第1回期日があります。自殺した人にも遺族にも人生があり、それを深く知れば自殺もただの死、人生の終わり方の一つに過ぎないことが分かります。裁判を通じて、死や自殺を表層的にしか見ないことが生み出す偏見と闘いたいと思っています。

▼日時:9月8日(木)10時~
 場所:東京高等裁判所825号法廷(東京メトロ丸の内線霞ヶ関駅A1出口階段上、東京地方裁判所内)
 ※裁判後に傍聴に来られた方を対象にした説明会を開催予定
○和泉貴士弁護士のツイッター @IzumiHachiouji

この問題に関心を持っている人がたくさんいる、ということの裁判所へのアピールにもつながるので、関心のある方はぜひ傍聴に参加してほしい、と呼びかけています。


4.「いのち支える全国キャラバン」各地の開催予定

「いのち支える(自殺対策)全国キャラバン」は、自殺対策をテーマにしたシンポジウム等を全国で開催するプロジェクトです。近日中の開催予定をご案内します。お近くの会場に、ぜひ足をお運びください。今後予定されている他地域での開催も随時ご案内していきます。
--------------------
■9/10(土)京都府・京都市キャラバン
自殺予防と自死遺族支援のための府民・市民公開シンポジウム「地域の絆 ~支えあう社会をめざして~」
▼日時:9月10日(土)13:15~16:25
▼場所:京都市北文化会館(京都市北区小山北上総町49-2)
▼申込方法:当日直接会場へ(定員400名、参加費無料)
※内容、詳細は下記のURLよりご確認できます。
 http://www.pref.kyoto.jp/health/pdf/2011jishi.pdf

○お問合せ
京都府精神保健福祉総合センター TEL:075-641-1810
京都市こころの健康増進センター TEL:075-314-0355
--------------------

■9/16(金)東京キャラバン 東日本大震災 闇の中に光を見出す
‐「3・11後の東京」をどう生きるか
▼日時:9月16日(金)13:30~17:00
▼場所:東京都庁都民ホール※参加申込は定員に達したため、締め切りました。
当日は「ニコニコ生放送」による無料のインターネット生中継を予定していますので、ぜひそちらからご覧ください(番組ページは後日ご案内します。
※内容、詳細は下記のURLよりご確認できます。
 http://www.lifelink.or.jp/hp/0916_sympo_2011.html

○お問合せ
NPO法人ライフリンクTEL:03-3261-4934
--------------------

■9/21(水)千葉市キャラバン 自死問題を考える市民のつどい
 なぜ死にたくなるの?
▼日時:9月21日(水)14:00~17:00
▼場所:千葉市こころの健康センター(千葉市美浜区高浜2-1-16)
▼申込方法:電話またはFAXまたはメールにて、9/21 市民のつどい参加希望の旨と、氏名、電話番号を下記までお伝えください。参加費無料。定員150 名(定員になり次第、締め切ります)。
内容、詳細は下記のURLよりご確認できます。
 http://www.city.chiba.jp/hokenfukushi/koreishogai/kokoronokenko/download/h23jishi.pdf

○申込先・お問合せ
千葉市こころの健康センターTEL:043-204-1582 FAX:043-204-1584
Email:kokoronokenko.HWS@city.chiba.lg.jp
--------------------

■10/1(土)西東京市キャラバン「自殺のない生きやすいまちをめざして」
▼日時:10月1日(土)14:00~16:00
▼場所:西東京市民会館(西東京市田無町4-15-11)
▼申込方法:当日直接会場へ(定員500名、参加費無料)
※内容、詳細は下記のURLよりご確認できます。
 http://www.city.nishitokyo.lg.jp/siseizyoho/koho/sihomama/2011/no264.files/0901_08.pdf

○お問合せ西東京市健康課 TEL:042-438-4037



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちびちゃん HPもよろしくお願いします http://chibichan931.web.fc2.com/

Author:ちびちゃん HPもよろしくお願いします http://chibichan931.web.fc2.com/

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
ちびちゃんカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。