スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どん底に突き落とされ、もはや這い上がる可能性がないかに思える恐怖に至ってはじめて魂が目を覚ます

シルバーバーチのことばより

地上生活の目的は人間の霊性の発現を促すことです。
地球という天体上に住む人間の一人一人に生きる目的があります。
なのに大半の人間がその生活の基盤となっている霊的実在に気づいていないのは悲しいことです。まるで穴居人のように、ガランとした暗がりの中で暮らしております。

視覚がズレているのです。焦点が狂っているのです。ビジョンが間違っているのです。
人生がもたらしてくれる莫大な豊かさをまったく知らずにいます。
霊的真理に気づけば、自分がいま何をしなければならないかを自覚して、そこに人間革命が生じます。

地上的環境の中に置かれている以上あなた方は、地上ならではのさまざまな条件が生み出す幸福の絶頂と不幸のドン底、いわゆる人生の浮き沈みというものに直面しないわけにはまいりません。
しかし、そこにこそ皆さんが地上に生を受けた意味があるのです。そうしたさまざまな浮き沈みの体験が、皆さんの霊、真実の自我に潜在する資質を顕現させることになるのです。困難と逆境とに遭遇して初めて発揮されるものなのです。
魂が真の自我に目覚めるのは太陽が光り輝いている時ではありません。バラ色の人生の中では霊性は発揮されません。

そもそも人間は死んでから霊となるのではなくて、もともと霊であるものが地上へ肉体をまとって誕生し、その束の間の生活のためではなく、霊界という本来の住みかへ戻ってからの生活のために備えた発達と開発をするのですから、死後も生き続けて当たり前なのです。
その無限の宇宙機構の中にあって、一人の例外もなく必ず何らかの役目があります。そしてそれを果たそうとすると、いろいろと困難が生じます。
が、それは正面から迎え撃って克服していくべき挑戦と心得るべきです。
困難と障害は、霊性を発達させ、進化させていく上において必要不可欠の要素なのです。

太陽がさんさんと輝いている時、つまり富と財産に囲まれた生活を送っているようでは霊的真理は見出せません。
何一つ難問がないようでは霊的真理は理解できません。困苦の真っただ中に置かれて初めて触媒が働くのです。
魂はその琴線に触れる体験を経るまでは目覚めないものです。その体験の中にあっては、あたかもこの世から希望が消え失せ、光明も導きもなくなったかに思えるものです。絶望の淵にいる思いがします。
どん底に突き落とされ、もはや這い上がる可能性がないかに思える恐怖を味わいます。そこに至ってはじめて魂が目を覚ますのです。
魂は低く落ち込むことが可能であるだけ、それだけ高く向上することもできます。それが両極の原理です。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちびちゃん HPもよろしくお願いします http://chibichan931.web.fc2.com/

Author:ちびちゃん HPもよろしくお願いします http://chibichan931.web.fc2.com/

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
ちびちゃんカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。