スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アテルイ・母礼の塚 大阪の枚方市牧野

大阪の枚方市牧野にある牧野公園
阿弖流為(アテルイ)、母禮(モレ)之塚にお参りさせていただきました

2012,12,23

12230012.jpg


アテルイ・母礼は、700年代から800年代にかけて、時の権力である大和朝廷からの支配・黄金略奪などから
東北の地を守りぬいた英雄です。

あれ?東北の英雄の塚がなぜ大阪に?
アテルイとモレは、ここ大阪の地=河内国で、802年8月13日(旧暦)、斬刑に処されました。その場所については諸説がありますが、この牧野公園に塚(慰霊碑ではなく)があるということは、この辺りという気もします。実際、地元の人たちが語る不思議もあります。

12230011.jpg


霊界から、世の中の行く先を、じいっと見守っているような気がします。


アテルイ、蝦夷(愛濔詩)については ちびちゃんのHPをご覧ください (^^)
http://chibichan931.web.fc2.com/azamaro.html
http://chibichan931.web.fc2.com/aterui.html
http://chibichan931.web.fc2.com/hirakata.html
スポンサーサイト

第19回阿弖流為(アテルイ)・母禮(モレ)の碑法要

第19回阿弖流為(アテルイ)・母禮(モレ)の碑法要
2012年11月10日

今年も、清水寺にて阿弖流為・母禮の碑法要が執り行われました。

946b157dcd48f731e65e369cb807a98a[1]

今年も碑の御前にて、清水寺森清範貫主様直々のお導師による法要でした



02180002.jpg
この写真は2012.2.18

ドラマ「アテルイ伝」完成披露 1/11 BSプレミアム

[大沢たかお]大スケール“古代劇”に自信 ドラマ「アテルイ伝」完成披露
http://news.mynavi.jp/news/2012/12/02/054/index.html

KIMG0062s[1]


NHKの連続ドラマ「火怨・北の英雄 アテルイ伝」の完成試写会に登場した大沢たかおさん


俳優の大沢たかおさんが2日、古代東北の英雄アテルイ役で主演するNHKの大型時代劇「火怨・北の英雄 アテルイ伝」(BSプレミアム、総合)の完成披露試写会に、共演の北村一輝さんとともに出席。「カメラの枠からはみ出すような“古代劇”になればいいなと、みんな真剣勝負をしてきた。きっと見応えのある、力強く、意味のある作品になっていると思う」と自信を見せた。

 ドラマは、奈良時代後期から平安時代初期の東北地方が舞台。朝廷が東北の征服をもくろむ中、胆沢(現在の岩手県奥州市)の族長の息子アテルイ(大沢さん)が、東北の地と民を守るために立ち上がり、坂上田村麻呂(高嶋政宏さん)が率いる大軍勢に挑む姿を描く。大沢さんは同局の連続ドラマ初主演。北村さんは、アテルイ10+ 件とともに決起する母礼(もれ)を演じている。

 岩手県などでロケも行われ、大沢さんは東北の大自然の中で馬に乗ったり、矢を射たりとアクションにも挑戦。制作側も「大河を超えるスケール」と自信を見せており、大沢さんは、「高いゴールを目指して、日々奮闘した。時には竪穴式住居に入ったりして、今までに経験したことのない中で撮影して、みんなでベストを尽くしてやってきました」と充実の日々を振り返っていた。

 ドラマ10+ 件には、大沢さん、北村さんのほか、内田有紀さん、石黒賢さん、高梨臨さん、大杉漣さんらも出演。BSプレミアムで13年1月11日から毎週金曜午後8時に放送。全4回。NHK総合では、同3月に全2回の再編集版を放送する予定。(毎日新聞デジタル)

『火怨・北の英雄 アテルイ伝』 BSプレミアム/総合テレビ


大沢たかお、時代劇『アテルイ伝』主演で「武者震いした。力強く演じたい」
http://news.mynavi.jp/news/2012/09/03/019/index.html
  [2012/09/03]

俳優の大沢たかおが2日、東京・渋谷のNHK放送センターで行われた時代劇『火怨・北の英雄 アテルイ伝』の制作発表会に出席した。

時代劇『火怨・北の英雄 アテルイ伝』の制作発表会に出席した大沢たかお 拡大画像を見る

『火怨・北の英雄 アテルイ伝』は、西暦800年頃に実在した東北の英雄・阿弖流為(以下、アテルイ)の生涯を描く歴史冒険ドラマ。独自の文化を持ち自然と共に暮らしていた蝦夷(えみし)と呼ばれる人々は、朝廷の侵略によって平和が脅かされる。故郷の地を守るために立ち上がったアテルイは、仲間たちと共に何度も朝廷軍に立ち向かっていくが、ついに朝廷軍の最高司令官である坂上田村麻呂との決戦を迎える――というストーリーで、BSプレミアムで2013年1月に全4回、再編集編が総合テレビで同年3月に全2回で放送予定。

英雄・アテルイを演じる主演の大沢は「東北の人たちが見て、『よくやった!』と思ってくれるような作品にしたい。よりたくさんの人に見て欲しい」とアピール。大沢の起用理由を「命あるものに優しく、強敵にも果敢に立ち向かう強さを持った人は大沢たかおしかいない」と語った、真鍋斎プロデューサーは「震災後、ドラマ制作者として東北にどう向き合うかを考えていた時にアテルイという人物を知った。誇りを守るため、命をかけて果敢に戦った人物を取り上げることで、東北が持つ力強さを感じてもらえれば。アクションや友情、愛もあるエンタテインメント作品なので、楽しんで観てほしい」とPRした。

東北復興支援の一環として制作される同ドラマに、大沢は「演者として震災に対して何ができるかを考えていました。一昨年にドラマが終わって、もうしばらくはドラマはいいかなと思ってたけど、この話をいただいて武者震いしました。人間として色んなものを込めてぶつかっていけると感じたんです。今はとても集中していて気合が入ってます」と心境を。大沢は18歳から40歳半ばまでのアテルイの生涯を演じるが「力強く演じたいと思ってます。土地に根付いた人間を丁寧に演じられれば。エネルギッシュで生命力のあるアテルイにしたい」と話し、「ドラマだけど、リアリティのあるドキュメンタリーのような作品だと思ってる。東北は日本の本来の姿がまだ残っていると感じてるので、その点も表現したい」と意欲を語った。

ライフリンクより

ライフリンク・メールニュースより

1 (12/12)荒川区のシンポジウム&ミニライブ 清水代表が区長と対談
2 【紹介】三重県紀宝町の広報誌「広報きほう」12月号に自殺対策特集
3 第6回「メメントモリ~生きづらさへの処方箋~」は無事終了
4 メディア出演・掲載情報
5 ユースリンク主催の「Voice Sharing」と「意見交換会」のご案内
6 近日中の講演予定

なお、これまでに配信された【LL News】はこちらで見られます
http://blogs.yahoo.co.jp/lifelink_2010/

◆◆◆
(転載歓迎)


1.荒川区のシンポジウム&ミニライブ 清水代表が区長と対談

12月12日(水)午後6時から、荒川区シンポジウム&ミニライブ「かけがえのない命を守るために」が開催されます。荒川区が平成22年から取り組んできた自殺未遂者対策の報告と、今後の区の自殺対策の方針が議論されます。清水代表もコーディネーターとしてパネルディスカッションに参加するほか、荒川区長と対談を行います。また、シンポジウムの後は、昨年の内閣府「いのち支える(自殺対策)プロジェクト」キャンペーンソング「あかり」をうたったワカバのミニライブもあります。
http://www.city.arakawa.tokyo.jp/kurashi/shogaisha/kenkoujouhou/i0050050062450.html

日 時:12月12日(水)18:00~20:45
場 所:ムーブ町屋 ムーブホール(東京都荒川区荒川7-50-9)
    http://www.sunny-move.com/move/
登壇者:伊藤敬雄さん(日本医科大学非常勤講師)
    橘ジュンさん(BONDプロジェクト代表)
    清水康之(ライフリンク代表/コーディネーター)
ライブ:ワカバ
参加費:無料
定 員:290人
申込み:要事前申込み。氏名、住所、電話番号を添えて、荒川区障害者福祉課(TEL:03-3802-3111・内線2378、FAX:03-3802-0819、Eメール:syouhuku@city.arakawa.tokyo.jp)まで申込む。


◇◇◇
2.【紹介】三重県紀宝町の広報誌「広報きほう」12月号に自殺対策特集

三重県南部に位置する紀宝町の広報誌「広報きほう」12月号で、「命をつなぐ」と題した自殺対策特集が組まれています。巻頭から18ページにわたる特集で、自殺の要因や兆候、町の取り組みに加え、対策に取り組む人へのインタビューや相談窓口一覧も掲載されています。関心のある方は、下記URLより内容をご覧ください。
http://www.town.kiho.mie.jp/life/kurashi/koho24.html


◇◇◇
3. 第6回「メメントモリ~生きづらさへの処方箋~」は無事終了

作家の平野啓一郎さんをゲストに迎えた第6回「メメント・モリ~生きづらさへの処方箋~」が、7日夜、六本木・スーパーデラックスで開催されました。直前に三陸沖を震源とした大きな地震があったため、欠席せざるを得なかった方々もいらっしゃいましたが、会場には約120人の方が集まり、平野さんの話に真剣に耳を傾けていました。
平野さんは、人は人間関係ごとに異なる「自分」を持っているとする「分人主義」について、自らが感じてきた違和感や葛藤についても交えて解説。自分とは首尾一貫した存在でなければならないと考えるより、人間関係や環境によってダイナミックに変化する分人を楽しむことを提案しました。新刊「空白を満たしなさい」でも取り上げた「自殺」の問題については、難しい環境からの解放を求める「消えたい」という思いによる場合も多いのではないかと指摘。追い詰められた「自分」も、一つの「分人」と捉え直し、他の分人を足場に生きるという考え方ができれば、救われる命もあるのではないか、と語りました。
終了後に行われたサイン会には長蛇の列ができ、平野さんは30分にわたって一人ひとりに丁寧にサインをし、言葉を交わしていました。

■モーニング公式サイト 『空白を満たしなさい』作品情報
http://morningmanga.com/lineup/188

■『空白を満たしなさい』1~3話 無料公開中
http://morningmanga.com/kuhakuwo/


◇◇◇
4.メディア出演・掲載情報

・12/9 朝日新聞朝刊 清水代表による各党の自殺対策評価「超党派の連携カギ」
9日(日)掲載の衆院選連載「答えを探す」は、「自殺をなくしたい」をテーマに、和歌山県白浜町の三段壁で自殺念慮者の保護活動を続ける牧師・藤藪庸一さんの取り組みを紹介。衆院選に向け各党が提示した自殺対策に関する公約や選挙後の対策の在り方に関する清水代表のコメントも掲載されています。
http://www.asahi.com/national/intro/TKY201212080773.html?id1=2&id2=cabcbcaj


◇◇◇
5.ユースリンク主催の「Voice Sharing」と「意見交換会」のご案内

ライフリンクが全面的にバックアップしている学生団体「ユースリンク」では、悩みや生きづらさを抱えた学生の居場所づくりを進めています。そのユースリンクが12月15日(土)、学校や人生に悩みを抱えていたり、学校を休学していたりする学生が集い、気持ちをわかちあう「Voice Sharing」を開催します。学校に居心地の悪さを感じる、居場所がない、これからどう生きていけばいいのかわからない…。日頃、友人や家族には語れない本当の気持ちを、ここで吐き出してみませんか。運営するスタッフも、みんな自ら悩んだ経験がある、または現在進行形で悩んでいる学生ばかりです。関心のある方は、下記のフェイスブックページを訪れてみてください。
http://www.facebook.com/youthlink.voice

日時: 12月15日(土)14:00~16:00
場所:富士見区民館3階和室(千代田区富士見1-6-7)
 http://www.city.chiyoda.lg.jp/service/00065/d0006580.html
対象:大学生、大学院生、短大生、専門学校生(全学年対象)

▽ユースリンク「意見交換会」も開催準備中(※主催はライフリンクではありません)
ユースリンクは、12月22日(土)夕方より「学生の叫び、届いてますか?~支援者と学生のつなぎ方~」と題して意見交換会を開催するそうです。詳細は上記のフェイスブックページよりご覧いただけますので、関心のある方はご覧ください。

日 時:12月22日(土)16:15~19:00(受付開始16:00) ※終了後懇親会あり(参加任意)
場 所:富士見区民館洋室B
対 象:生きづらさを感じている学生、または学生の生きづらさに関心のある方(大学や行政、NPO関係の方など)
料 金:無料
定 員:15名(先着順)
申込み:要事前申込み。参加希望の方は必ず下記URLから申込みを行ってください。https://docs.google.com/spreadsheet/viewform?fromEmail=true&formkey=dGFuN2VBRGRGbjRlT0ZLcS04UWZrTFE6MQ

▽ユースリンクでは一緒に活動するメンバーも募集しているそうです。応募は下記ページから受け付けています。
http://www.facebook.com/notes/youthlink-%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF-/%E6%96%B0%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E5%8B%9F%E9%9B%86/267757809993996


◇◇◇
6.近日中の講演予定

■杉並区地域包括センター 合同地域ケア会議
※松谷副代表が講演します。
日時:12月11日(火)14:00~16:30
場所:あんさんぶる荻窪4階 第1、2、3教室(東京都杉並区荻窪5-15-13)
無料/直接会場へ。
問い合せ先:杉並区地域包括支援センター ケア24南荻窪(TEL:03-5336-3724)

ライフリンク・メールニュース

ライフリンク・メールニュース

こんにちは。ライフリンク事務局の松谷です。今週末はいよいよ芥川賞作家平野啓一郎さんとのトークイベントです。開催間近ですので、お申込みはお早めにどうぞ!

1.開催間近!12/7(金)に小説家の平野啓一郎さんを迎えたトークイベント
2.荒川区のシンポジウム&ミニライブ 清水代表が区長と対談
3.新刊「フランクル『夜と霧』への旅」清水代表と姜尚中さんの交流も紹介
4. 来年度「地域自殺対策緊急強化基金」への積み増しに向けて一歩前進
5.メディア出演・掲載情報
6.12/15(土)ユースリンクが、生きづらさを抱える学生のための「Voice Sharing」開催
7.近日中の講演予定

なお、これまでに配信された【LL News】はこちらで見られます
http://blogs.yahoo.co.jp/lifelink_2010/


◆◆◆
(転載歓迎)

1.開催間近!12/7(金)に小説家の平野啓一郎さんを迎えたトークイベント

作家の平野啓一郎さんをゲストに迎えた連続対談 第6回「メメント・モリ」が、いよいよ今週末に開催されます。
人は、対する状況や人に応じた多くの「分人」からなっているという『分人主義』を提唱する平野さん。いじめられている、生きるのが苦しい…、そんな「分人」は少し休んで、違う「分人」を生きればいい――。清水代表がキャスターを務めるBS11「INsideOUT」で語ってくれたその思想に、より深く迫るイベントです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆

第6回メメント・モリ『空白を満たしなさい』発刊記念緊急企画
ライフリンク×平野啓一郎 ~生きづらさへの処方箋~

「キャラを演じて生きるのに疲れた」。「自分自身を好きになれない」。そんな思いを抱えている若者にこそ、ぜひ参加してもらいたい緊急企画です。
小説家・平野啓一郎さんが提唱する「分人主義」について、平野さんご本人とライフリンクの清水代表が熱く語り合います。この生きづらい社会を、どう自分らしく生き切るか――。一緒に考えてみませんか?

※当日は、『私とは何か―「個人」から「分人」へ』と、新刊『空白を満たしなさい』の書籍販売およびサイン会も行う予定です(この2冊に限って、購入済みの本を持参いただいても構いません)。

日 時:12月7日(金)午後7時半~9時半(開場午後7時)
場 所:スーパーデラックス(東京・六本木)
     http://www.super-deluxe.com/map/
登壇者:平野啓一郎さん(小説家)
清水康之(ライフリンク代表)
参加費:学生500円、社会人1,000円(ワンドリンク付)
定 員:150名(事前申込みが必要です)
申込み: 下記の「申込みフォーム」から、お願いします。
 http://www.lifelink.or.jp/hp/1207_memento_2012.html#entry

------------------------------------------------------------
 もしくは、ここからメールを切取って、必要事項をご記入の上、
 info@lifelink.or.jp に返信いただいても結構 です。
------------------------------------------------------------

第6回「メメント・モリ」への参加を申し込みます。
氏名等は下記の通りです。

【参加申込】
1.氏名(ふりがな):
2.連絡先 電話番号:
3.イベントへの期待の一言、ゲストへのご質問など:

------------------------------------------------------------ 

■モーニング公式サイト『空白を満たしなさい』1~3話無料公開中
http://morningmanga.com/kuhakuwo/


◇◇◇
2.荒川区のシンポジウム&ミニライブ 清水代表が区長と対談

12月12日(水)午後6時から、荒川区シンポジウム&ミニライブ「かけがえのない命を守るために」が開催されます。荒川区が平成22年から取り組んできた自殺未遂者対策の報告と、今後の区の自殺対策の方針が議論されます。清水代表もコーディネーターとしてパネルディスカッションに参加するほか、荒川区長と対談を行います。また、シンポジウムの後は、昨年の内閣府「いのち支える(自殺対策)プロジェクト」キャンペーンソング「あかり」をうたったワカバのミニライブもあります。
http://www.city.arakawa.tokyo.jp/kurashi/shogaisha/kenkoujouhou/i0050050062450.html

日 時:12月12日(水)18:00~20:45
場 所:ムーブ町屋 ムーブホール(東京都荒川区荒川7-50-9)
http://www.sunny-move.com/move/
登壇者:伊藤敬雄さん(日本医科大学非常勤講師)
橘ジュンさん(BONDプロジェクト代表)
    清水康之(ライフリンク代表/コーディネーター)
ライブ:ワカバ
参加費:無料
定 員:290人(事前申し込みが必要です)
荒川区障害福祉課あてに、氏名、住所、電話番号を添えて申し込む。
申込み:荒川区障害者福祉課(TEL:03-3802-3111・内線2378、FAX:03-3802-0819、Eメール:syouhuku@city.arakawa.tokyo.jp)


◇◇◇
3.新刊「フランクル『夜と霧』への旅」清水代表と姜尚中さんの交流も紹介

ナチスの強制収容所を生き抜いたユダヤ人精神科医ヴィクトール・エーミール・フランクルが、その体験を記した『夜と霧』。「それでも人生にイエスと言う」という一節に代表される彼の思想をたどった「フランクル『夜と霧』への旅」が発刊されました。
著者は、以前清水代表と姜尚中さんのフランクルにまつわる交流を夕刊連載「ニッポン人脈記」で紹介した河原理子さん(朝日新聞編集委員)。この新刊でも冒頭で2人の交流を取り上げています。新聞掲載時よりも詳細に描かれていますので、ご関心のある方はぜひお手にとってご覧ください(清水代表がライフリンクを立ち上げるに至った経緯などにも触れられています)。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4582746128/empa-22/ref=nosim

▽新聞掲載時のものは下記から読めます
朝日新聞夕刊連載 ニッポン人脈記〈生きること〉―それでも人生にイエスと言う
http://www.asahi.com/jinmyakuki/TKY201104180238.html


◇◇◇
4. 来年度「地域自殺対策緊急強化基金」への積み増しに向けて一歩前進

復興予算に計上されていたことを一部メディアによって非難され、来年度分の積み増しが危ぶまれていた「地域自殺対策緊急強化基金」ですが、11月30日に閣議決定された『日本再生加速プログラム』の中に盛り込まれることになりました。(下記資料のP.8「(5)雇用対策、社会・生活基盤の構築」の最後のところに「自殺対策の推進等、社会・生活基盤の構築に取り組む」と記載されています。)
http://www5.cao.go.jp/keizai1/keizaitaisaku/2012/1130_01taisaku.pdf

ただしこれは、総選挙後に見直される可能性がないわけではないので、今後もしっかりと情勢の推移を見守りつつ、ライフリンクとして、必要な働きかけを行っていこうと考えています。


◇◇◇
5.メディア出演・掲載情報

・SYNODOS×BLOGOS「自殺がなくなった方が、『社会のコストパフォーマンス』がいい」

 提言型ニュースサイト「BLOGOS」と知のプラットフォーム「SYNODOS」とのコラボ企画「若者のための『現代社会入門』」に、根岸副代表へのインタビューが掲載されています。日本の自殺の実態などを語った前編に続き、後編では若年層自殺の増加や、自殺が経済的にも社会的損失であることについて語っています。
http://blogos.com/article/51222/


◇◇◇
6.12/15(土)ユースリンクが、生きづらさを抱える学生のための「Voice Sharing」開催

ライフリンクが全面的にバックアップしている学生団体「ユースリンク」では、悩みや生きづらさを抱えた学生の居場所づくりを進めています。そのユースリンクが12月15日(土)、学校や人生に悩みを抱えていたり、学校を休学していたりする学生が集い、気持ちをわかちあう「Voice Sharing」を開催します。学校に居心地の悪さを感じる、居場所がない、これからどう生きていけばいいのかわからない…。日頃、友人や家族には語れない本当の気持ちを、ここで吐き出してみませんか。運営するスタッフも、みんな自ら悩んだ経験がある、または現在進行形で悩んでいる学生ばかりです。関心のある方は、下記のフェイスブックページを訪れてみてください。
http://www.facebook.com/youthlink.voice

・日時: 12月15日(土)14:00~16:00
・場所:富士見区民館3階和室(千代田区富士見1-6-7)
 http://www.city.chiyoda.lg.jp/service/00065/d0006580.html
・対象:大学生、大学院生、短大生、専門学校生(全学年対象)

▽ユースリンク「意見交換会」も開催準備中
今年の締めくくりとなる意見交換会の開催準備を進めているそうです。12月22日(土)午後4時15分から7時まで、富士見区民館で開催予定です。詳細が決まりましたら、また本MLでもお知らせします。

▽新メンバー募集中
ユースリンクでは一緒に活動するメンバーも募集しているそうです。応募は下記ページから受け付けています。
http://www.facebook.com/notes/youthlink-%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF-/%E6%96%B0%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%BC%E5%8B%9F%E9%9B%86/267757809993996


◇◇◇
7.近日中の講演予定

■四国学院大学 メンタルヘルス・ケア研修
※根岸副代表が講演します。
日時:12月4日(火)15:10~16:40
場所:四国学院大学711教室(香川県善通寺市文京町3-2-1)
無料/直接会場へ。
問い合せ先:四国学院大学キャンパス・ソーシャルワーカー詫間さん(TEL:0877-62-2111・内線560、Eメール:taku@sg-u.ac.jp)
http://www.sg-u.ac.jp/view.rbz?cd=1124

■杉並区地域包括センター 合同地域ケア会議
※松谷副代表が講演します。
日時:12月11日(火)14:00~16:30
場所:あんさんぶる荻窪4階 第1、2、3教室(東京都杉並区荻窪5-15-13)
無料/直接会場へ。
問い合せ先:杉並区地域包括支援センター ケア24南荻窪(TEL:03-5336-3724)
プロフィール

ちびちゃん HPもよろしくお願いします http://chibichan931.web.fc2.com/

Author:ちびちゃん HPもよろしくお願いします http://chibichan931.web.fc2.com/

カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
ちびちゃんカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。