スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争、暴力、貪欲、情欲、利己主義がはびこるのは・・・

太平洋戦争終結から67年

――人類はいつかは戦争のない平和な暮らしができるようになるのでしょうか

シルバーバーチより

これは難しい問題です。
まず理解していただかねばならないのは、人間には自由意思というものがあるということです。自由意思のない操り人形ではないのです。
自由意思による選択の余地を与えられることによって、人間も永遠の創造的進化の過程に生きられるのです。
人間は地上を天国にすることもできれば、暗く荒涼とした、恐ろしい悪の園にすることもできます。そこに選択の余地が残されているのです。

戦争、暴力、貪欲、情欲、利己主義がはびこるのは物質中心の考え方をするからです。

そういう考え方をするのは、これほど多くの宗教が存在しながら大半の人間が肉体は死ねばすべておしまいと思っているからです。

死後にも実感をともなった生活――地上生活の賞罰が清算される世界が存在するという事実が信じられず、
地上生活が唯一の生活の場であると考えます。
すると当然、物質がすべてなら今のうちに思い切り欲望を満足させておこう、ということになります。

(現に太平洋戦争の原因は、某大国の自国の経済発展のもくろみが動機となっていることは、今や広く知られております。
このあまりに低レベルな俗的な卑しい動機が、人を殺し国を滅ぼし隷属させて、果ては大量虐殺(例:アウシュヴィッツ、広島・長崎の原爆等:)
にまで及んでしまうのですからまことに恐ろしいことです:ちびちゃん)


人間は霊的天命を背負った霊的実在です。

その天命を全うするも損なうも、日常生活における身の処し方一つにかかっております。

因果律、すなわちタネまきと刈り取りの摂理は絶対に狂いません。

よい行いをすればそれだけ幸せを味わいます。利己的な行いをすれば、それだけ苦い思いをさせられます。

摂理はごまかせません。死の床でいくら懺悔の言葉を述べても、すでに始動している因果律の働きを止められるものではありません。
こうした真理を理解する人が増すにつれて戦争が減り、平和な地域が広がっていきます。

これは一朝一夕にできることではありません。

私には以上のようなお答しかできません。
自分の役目を果たすのです。自分なりの最善を尽くすのです。縁あって近づく人の力になってあげることです。
親切に、寛容に、そして慈しみの心をもって接するのです。機会さえあれば、どこででも人のために役立つことを心がけることです。

それが世の中に貢献するゆえんとなります。
スポンサーサイト

フィリピン・レイテ島 誤報が生んだ決戦 ~陸軍第1師団~

[証言記録 兵士たちの戦争]フィリピン・レイテ島 誤報が生んだ決戦 ~陸軍第1師団~

http://cgi2.nhk.or.jp/shogenarchives/bangumi/movie.cgi?das_id=D0001210016_00000

[1] 日本の敗北を決定づけたレイテ決戦 03:07
[2] 誤報に基づき指示されたレイテ決戦 06:57
[3] アメリカ軍の圧倒的な兵力とずさんな補給体制 09:30
[4] 斬込攻撃と略奪行為 14:58
[5] 置き去りにされた兵士たち

戦争犯罪人 という 汚名の極み

モンテンルパに祈る  比島 B・C級戦犯死刑囚と共に

図書刊行会が「戦争と平和」としてシリーズで出している内の「戦犯叢書」全七巻。
これらは戦後、戦犯として、あるいは着の身着のまま外地より引き上げた方たちが書き残したものを
昭和二〇年代から三〇年代にかけて、いろいろな出版社より発刊された貴重な記録が、年月とともに埋もれて、忘れ去られるのを残念に思った図書刊行会の佐藤今朝夫氏が、昭和五七年に再刊されたものです。

「モンテンルパに祈る」加賀尾秀忍著 図書刊行会五七年刊 初刊は昭和二八年 富士書苑刊行)

著者の加賀尾秀忍師は、高野山僧侶で、連合軍最高司令官命により、昭和二四年一〇月三〇日に日本を出て、教誨師として、フィリピン モンテンルパにあるニュー・ビリビット刑務所に六ヶ月間という派遣期間を過ぎても、心臓病の持病に苦しみながらも現地にとどまり、同じ収容所内に寝起きし、囚人の残飯を食べながら、死刑囚の処刑に立ち会い、戦犯者の減刑、祖国への移管にと献身的に尽くされました。
結局、戦犯とされた方々が全員の帰国がかなった昭和二八年七月一五日まで、現地に留まられた「モンテルンパの聖者」といわれている方です
kagayasi18_2_13.jpg
(写真はキリノ大統領に減刑と釈放を嘆願する加賀尾師。「モンテルンパの夜はふけて」のオルゴールを贈呈。大統領はそのメロディに感銘したと伝えられる)

師も書いておられるが、中村ケースとされた十三名、三原ケースとされた一名の計一四名もの日本人が昭和二六年一月十九日に処刑される場面はたまりません。

三原ケース 
三原菊市陸軍軍曹の場合は、北部ルソンのカガヤン州バイバヨク橋梁の守備兵時代に、住民を虐殺したという罪状であった。
制空権もない大東亜戦争末期に、橋梁を守るために攻めてくるフィリピンゲリラと必死に戦闘の結果として殺したとしても、それがゲリラと良民と区別等つくわけもなく、まただれが殺したかなども判るはずが無い。

中村ケース 
これらの十三名の方々は二五〇〇名あまりの戦犯とされた中より、セブ島の北端にある、メデリンという小島で起こったという事件で、残虐行為があったとされていますが、問題は、この事件がおこったかどうかではなく、証人となったたった一人のフィリピン女性の指差しだけで曵き出された人たちです。
収容所にいた日本人に対して、その女性は「あれもいた、これもいた」と片っ端から指差して歩いたそうです。
その結果、戦犯とされてしまった、という酷いケースです。
よって、事件のあったセブ島にはいなかった人や、死刑執行のその日の死刑囚の手続きの書類に記されていた所属が間違えていた、などというデタラメも通った復讐裁判です。
十三名のうち少なくとも六名はミンダナオ島、パナイ島にいたり、セブ島にいても別の部隊にいてその事件とは無関係だったわけです。
syokeidai18_2_13.jpg
(モンテンルパの処刑台)

下記の方々はそんな経過で処刑されてしまった方々です。

昭和26年、日本は戦後の痛手から、高度経済成長に向けて、飛躍し始めた頃でしょうか。
まさか、そんな頃、フィリピンの片田舎のとある刑務所で、戦争犯罪人という汚名の極みを受けた末に
処刑というかたちでお亡くなりになった日本人がいたというのです。
http://www.aichi-showajingu.jp/pdf/philippines.pdf
↑平和の鐘ホームページより 
http://www.aichi-showajingu.jp/index.html

―ああモンテンルパの夜は更けて―
http://www13.big.or.jp/~sparrow/MIDI-montenlupa-exp2.html BGMあり
モンテンルパの夜は更けて 
募る思いにやるせない 
遠い故郷偲びつつ 
涙に曇る月影に 
優しい母の夢を見る

不沈の戦艦大和 その最期

昭和20年4月5日、戦艦「大和」に片道分の燃料を積んで、沖縄海上特攻命令が下がりました。


06_yamato.jpg

4月7日の早朝、大和を察知したアメリカ軍は、空母12隻、艦載機およそ800機で迎撃、
大和の左舷のみを狙った魚雷攻撃により、大和は横転、
午後2時23分、九州坊ノ岬沖90海里の地点で大爆発を起こして沈没しました。


乗組員のうち、2740名が戦死。生存者はわずか269名でした。
この戦いで、大和とともに出撃した第二艦隊の将兵を合わせて3721名が戦死しました。


アメリカからみた【戦艦大和撃沈】第二次世界大戦
http://www.youtube.com/watch?v=Sax9lzQTny4


戦艦大和は、
北緯30度43分
東経128度04分
長崎県男女群島女島南方 176km(鹿児島県枕崎市の西南西約 200km)の
水深345m の地点に沈没しています。 今も。
大和とともに沈んだ2740名の御英霊とともに

戦時徴用船・学童疎開船の最期 ―墓標なき海底に眠る―

墓標なき御みたまに。。。


大東亜戦争中は、貿易、貨物船などの商船だけでなく、機帆船(きはんせん)、そして漁船、さらには個人所有の船までもが、陸軍、海軍に徴用されました。

兵士、兵器、物資の輸送だけでなく、敵軍の監視の任務も命じられました。

兵士、兵器、物資の輸送・・・輸送船団の護衛はなされなかったために、敵軍からの攻撃にもろさらされることになり、多くの船とともに、甚大なる民間の方々が亡くなりました。

敵軍の監視・・・肉眼で敵軍を監視する役目ですから、敵の到来を確認した時、というのは、もうすでにイコール敵からの攻撃にさらされる時であるわけです。

さらに、悲しいことに、これら徴用船には、疎開する児童を乗せた学徒疎開船もありました。
photo_02.jpg
学童疎開船 対馬丸
1944(昭和19)年8月21日「対馬丸」は、国民学校の生徒・教師・付添人ら1,661人を乗せて那覇港を出港しました。しかし2日目の夜、南西諸島悪石島の北西12キロメートル付近を航行中に、米国の潜水艦「ボーフィン」号の魚雷攻撃を受けて沈没。
乗船していた学童767人、乗組員24人を含む1,484人が犠牲となり、救助されたのは学童59人を含むわずか177人。歴史上きわめて悲惨な出来事でした。

商船、機帆船、漁船、学童疎開船とともに御霊は海底に沈んだまま、未だ発見されることなく、遺骨収集もできず、
まさに、墓標なき地に臥しておられます。

財団法人 日本殉職船員顕彰会 ホームページ ぜひご覧ください
http://www.asahi-net.or.jp/~un3k-mn/senin-his.htm
http://www.kenshoukai.jp/

硫黄島。地中から発見された数百通もの手紙

硫黄島からの手紙

2006年、硫黄島。地中から発見された数百通もの手紙。それは、61年前にこの島で戦った男たちが家族に宛てて書き残したものだった。届くことのなかった手紙に、彼らは何を託したのか。

戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、日本軍の最重要拠点である硫黄島に新たな指揮官、栗林忠道中将が降り立った。硫黄の臭気が立ち込め、食べ物も飲み水も満足にない過酷な灼熱の島で掘り進められる地下要塞。このトンネルこそが、圧倒的なアメリカの兵力を迎え撃つ栗林の秘策だった。

最後の最後まで生き延びて、本土にいる家族のために一日でも長く島を守り抜け―。「死ぬな」と命じる栗林の指揮のもと、5日で終わると思われた硫黄島の戦いは36日間にも及ぶ歴史的な激戦となる。

61年ぶりに届く彼らからの手紙。そのひとりひとりの素顔から、硫黄島の心が明かされて行く…。

http://g-sama.jugem.jp/?eid=411

戦時徴用船の最期

戦時徴用船というのをご存知ですか

先の大戦で、前線へ兵器・原材料・燃料などの物資を運ぶ、戦時にはまさに重要な役目です。

これまで貿易等で活躍していた商船は、太平洋戦争勃発と同時に、
「戦時徴用船」として軍人や兵器弾薬、原材料・燃料、生活物資などの輸送のためにことごとく軍事徴用されていきました。

ところが
輸送船団に対しての護衛などない状態での船出。

敵からの攻撃にさらされることになります。

aburae1.gif

 船尾楼に直撃弾を受けた輸送船
(大久保一郎画伯「戦時徴用船の最後」より)


太平洋戦争において、輸送途上で亡くなった船員の方々は43%と推定されています。
これは陸軍の20%、海軍の16%を大きく上回っています。

画集戦時徴用船の最期
http://www.asahi-net.or.jp/~un3k-mn/senin-ga.htm

[わらび座]ついに「アテルイ」わらび劇場公演開幕!

ついに「アテルイ」わらび劇場公演開幕!
http://www.warabi.jp/aterui2011/
────────────────────────────────────
○2012年わらび劇場の幕開けを飾るのは、ミュージカル「アテルイ」!!!
 昨年のわらび劇場公演、全国公演を経て、新たなキャストでお贈り致します♪

 震災から1年―。復興支援公演として上演して参りました「アテルイ」は、
 ふるさとへの想い、友情、そして愛が詰まった感動作!
 【4月14日(土)】公演スタートです!!
 これが再演の見納めとなります。お見逃しなく☆

●ミュージカル「アテルイ」 わらび劇場公演
┃日時/4月14日(土)~7月16日(月)
┃   *4/11・12・13はプレビュー公演(一般の方もご入場いただけます)
┃   午後13:45 公演
┃会場/わらび劇場
┃前売料金/一般3,675円(当日4,200円)、小中学生2,310円(当日2,625円)
☆ご予約・お問い合わせ
┃予約センター TEL 0187443939  わらび座メルマガ ticket@warabi.or.jp

○ミュージカル「アテルイ」の2012年度オープニングを記念して講演会を開催いたします。
講師は世界遺産「平泉」関山中尊寺の山田俊和貫首です。

 ◆日 時:2012年4月14日(土) 12:30~13:20
 ◆場 所:わらび劇場
 ◆参加費:無料※4月14日のアテルイ公演をご観劇の方が対象となります(観劇と一緒にお申込み下さい)

殉国七士廟

殉国七士廟
(愛知県幡豆郡幡豆はず町三ヶ根山)
http://1gen.jp/GDOH/SITISI/SITISI.HTM
001dsc00176.jpg

「殉国七士」と尊称されている人々は、先の東京裁判で、日本を背負って絞首刑となった七人、土肥原賢二・松井石根・東条英機・武藤章・板垣征四郎・広田弘毅・木村兵太郎の七人の、いわゆるA級戦犯のことを指します。

当時の国際法を無視し、大量殺戮兵器を用い、無差別虐殺を行うことによって血塗られた勝利を、大東亜戦争において収めたアメリカを中心とした十一ヵ国による日本処分。これが東京裁判です。戦争犯罪によって得た自らの勝利に基づいて、敗者を戦争犯罪者として裁くという、人間としての誇りを一片なりとも持っていれば行うことができないような裁判によって「裁かれた」ものです。

このような東京裁判によって犯罪者とされ昭和二三年十二月二三日未明に処刑された七人は火葬に付されました
続き読む

<<殉国七士墓前祭のお知らせ>>
平成24年4月29日午後2時より墓前祭がとり行われます。
愛知県幡豆町三ヶ根山山頂(三ヶ根山スカイラインで)
http://homepage3.nifty.com/ki43/heiki7/A7/A7.html
バスツアーがあります・案内書
------------------------------------------------------------------------------
またこの日4・29の11時からは、三ヶ根山の比島観音前で、
太平洋戦争で散華なさった殉難者の方々のご供養のため、護摩法要が執り行われます。
主催:阿含宗

硫黄島遺骨、23年度の収集は344柱 千鳥ケ淵で引き渡し式

硫黄島遺骨、23年度の収集は344柱 千鳥ケ淵で引き渡し式
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120215/trd12021519570013-n1.htm
2012.2.15 19:56
org_pict_531.jpg
厚生労働省職員に引渡し(硫黄島から帰還したご遺骨)

第二次世界大戦の激戦地、硫黄島での遺骨収集を行った政府の派遣団は15日、千鳥ケ淵戦没者墓苑(東京都千代田区)で、平成23年度に収集した遺骨344柱の厚生労働省への引き渡し式を行った。いったん厚労省に安置された後、身元が分からない遺骨は戦没者墓苑に納められる。

23年度の調査で派遣団は昨年12月に155柱を、今年2月に189柱の遺骨を収集した。

硫黄島では昭和20年にアメリカ軍との間で激しい戦闘が行われ、厚労省は約2万1900人が戦没したと推計している。

政府は昭和27年度から遺骨の収集を続けてきたが、収集した遺骨は平成23年度分も合わせて計9881柱にとどまる。現在も約1万2千人の遺骨が見つかっていないという。

 政府は23年度から3年間、硫黄島での遺骨収集を強化するとしている。

海ゆかば

海ゆかば
という歌をご存じでしょうか?

戦時中、国民の戦闘意欲を高めるために国が制定した曲。
信時潔がNHKの依頼で作曲しました。
出征兵士を送る歌でしたが、やがて、10代の若い学徒までが出征するにおよび、信時は苦しみます。

大本営によるラジオでの戦果発表の時、玉砕を伝える際に、必ず冒頭曲として流されました。
勝戦を発表するときは、他の軍歌でした。


「海ゆかば」 その歌詞は、実は、古代万葉集、続日本紀にまで遡ります。
大伴家持による作品で、長歌として万葉集に収められています。
出典のもうひとつは、続日本紀です。
西暦749年の春、聖武天皇が奈良の東大寺に行幸あそばされたおり、儀式の席上で、
天皇への忠誠の厚い大伴宿禰(すくね)・佐伯宿禰を天皇がおほめあそばされているという趣旨で、
大伴、佐伯を激励するときに伝えたことばとされています。



海 ゆかば 水漬(みづ)く 屍(かばね)

山 ゆかば 草生(くさむ)す 屍

大君(おおきみ)の  辺(へ)にこそ 死なめ

かへりみはせじ




意味

海をゆくなら 水に漬かるしかばねともなろう

山をゆくなら 草の生えるしかばねともなろう

天皇のおそばに この命を投げ出して

悔いはないのだ 決してふりかえることはないだろう



http://www.youtube.com/watch?v=cPkAPiJqwlg ←海ゆかば 試聴

実際にこの歌を聞くと初めて聴くのに、心がゆさぶられます。
特攻隊の方々が出てきて。。。。

「凛として愛」

「凛として愛」
http://www.youtube.com/watch?v=HBxaF0wps6U

音楽: X JAPAN
imagesCACHEAR2.jpg

「凛として愛」について

明治開国から大東亜戦争まで日本が戦って来た歴史を約70分でまとめてあります
明治27年の朝鮮半島をめぐる清国との戦い
ロシア、フランス、ドイツの三国干渉
朝鮮半島、満州をめぐり大国ロシアとの戦い
満州事変、支那事変、ABCD包囲網

なぜ日本は戦わなければいけなかったのか
資料に基づいて制作された映画、真実の歴史を知る事ができます



制作の経緯

靖国神社創立百三十年記念事業の一環として本館改修と新館増築にともない遊就館で真実のドキュメンタリー映画を上映することになり其の映画制作を依頼されたのが泉水隆一監­督でした
監督が渾身の力を込め二年の歳月をかけて出来上がったのが「凛として愛」でした

映画完成前から他国からの批判を気にした保守陣営の圧力などがありました
上映はされたものの、この歴史の真実を伝える「凛として愛」をたったの二日で上映中止にしてしまったのです
監督の無念さは計り知れません

http://www.hanadokei2010.com/rintositeai/index.php

評価の高いコメント
もう何度も見させていただいております。真実の歴史とは何か?「­凛として愛」から多くを学びました。見終わるたび、日本人の思い­やり気高さそして今の日本を残してくれた誇り高き英霊の皆様への­感謝で溢れます。
長い人生の中で約70分使いませんか?この映画の価値は一生モノ­です。

本当に素晴らしいDVDですね。未来を背負う若い人たちに是非見­てもらいたいです。過去に想い、その時代を精一杯、日本を、未来­を信じ戦争に参加した方々のことを考えれば、感謝してもしきれな­いです、、、現代を基準?で物事を決めかかるマスコミ等には呆れ­るばかりです。日本が戦争をしなかったら、日本ばかりでなく黄色­人種等の現代は無かったでしょう、、、。

人間魚雷 回天

人間魚雷 回天

                    kai-nisi9.jpg

                   菊水隊の攻撃により爆発炎上するミシシネワ
                   昭和19年11月20日  ウルシー環礁内
                   全国回天会 資料

日本再建の礎と散った、若者達の記録 回天特攻隊 KAITEN TOKKOUTAI HPより抜粋
http://www2s.biglobe.ne.jp/~k_yasuto/top.htm
 「回天」というのは、ようするに「人間魚雷」(人間が魚雷の中に入って操縦しながら敵艦に体当たりしていく特攻兵器)のことです。
 制作者が「人間魚雷」という言葉(兵器)をはじめて知った時の驚きは今でも強烈に覚えていて(たしか小学3年の夏頃だったと思います)、その時は、「僕は何があってもこんなものだけでは絶対に死にたくない」、と子供心に真剣に思ったものでした。
 しかし今では、1945年大戦末期当時、毎日が空爆で、何百何千人と人々が死んでいく状況であったことを考えれば、若者達が最後にとった一つの選択(決断)として、理解納得出来る思いとなっています。
 若い人達は、好きな仲間や異性のために、何かをして役立ちたい、またその人を守りたいと、時にいろいろ考えて、必死に頑張ることがあるかと思いますが、当時の状況では、いつ好きな人が敵の爆撃で殺されるかわからない、それで敵と戦おうにもすでに兵器も燃料も底をついている、敵はどんどん日本に近づいてくる、空爆は日に日に熾烈を極め次々と同胞が殺されていく、もはや通常の戦法では到底たちうち出来ないところまで追い込まれてしまっている・・。そのような時に、そこに置かれた若者たちが、今の(どの時代でも変わらない)若者と同じ気持ちで、好きな人のために、大切な人のために、何とかしたいと思って出来た最大、そして最後のことが、魚雷に乗り込んで、敵艦に向かって突進していくことであった、ということになるのではないでしょうか。

kaiten-danmen.jpg



安保徹 新潟大学教授 茅原紘 信州大学名誉教授 講演会

安保徹 新潟大学教授 茅原紘 信州大学名誉教授 講演会
 
自律神経免疫療法などで知られる
安保徹 教授(あぼとおる/新潟大学医学部)と茅原紘(かやはらひろし) 信州大学名誉教授の共同講演会
at八王子市
一億健康の会主催
http://ichioku.b.la9.jp/tirasi.pdf
プロフィール

ちびちゃん HPもよろしくお願いします http://chibichan931.web.fc2.com/

Author:ちびちゃん HPもよろしくお願いします http://chibichan931.web.fc2.com/

カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
ちびちゃんカウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。